wixbbsnow’s diary

Twitter:@meporon_

APEXメタ地獣緑姫

f:id:wixbbsnow:20160716173714j:plain

 やっぱり地獣が好きでした。

 

1.デッキレシピ

f:id:wixbbsnow:20170128002007j:plain

 

 

2.コンセプト

タイトル通りにAPEXってカードが嫌いなので、それをガンメタに近づけた形の構築。

基本は1年前からある地獣緑姫と同じく使いやすさを重視。

APEXを強く見ているため割り切り相手も出てきたが、元々チーム専用の構築なため誤差。

 

 

3.解説

簡単にメモ程度に

 

幻獣 ハチ 4枚

ハンドリソースと稼ぐ有能シグニ。ピルルクのGRBと違い無いと話にならないので4確。

 

サーバント各種 合計9枚

APEXのハンデスのことも考えバーストはO3優先。

バーストの残りは1000ラインが好きではないためOを採用。T2,Q2と入れ替えて3鯖シリーズに寄せても可。

 

幻獣 キジ 3枚

ハチやドローバーストで得たハンドをエナブースト2にできる強いシグニ。

最初は2枚で回していたが、2枚だとやはり足りない場面も出てくる。1試合に1回は投げたいため3枚。

 

幻獣 セイリュ 3枚

幻獣 ソウリュウの姉。今回の構築では托生を採用していないのもあり、3ターン目までにどうにか1枚はトラッシュに送りたいため3枚の採用。バーストも申し訳程度に強いためこの枚数までは許容範囲。

 

幻獣姫 オサキ 4枚

幻獣緑姫のパワーカード。盤面コサキありで最大3エナになるのは実質フェアリー・ギフト。

出現時も強いし枚数使うため4確。

 

幻獣 ソウリュウ 4枚

このデッキのメインダメージソース。地獣空獣にパワー増減修正不可の付与が雑に強い。ソウリュと立ててAPEX相手に先4に15000ラインを立てるとだいたい勝てる。これも4確。

 

幻獣 ミャオ 4枚

後手の序盤のダメージソース。3面埋まってないとランサーを持たないのがネック。

基本序盤での仕事しかないが、4乗ってからだとセイリュソウリュウと一緒に立てて15000ラインの全面ランサーがエクシード使わずにできる点しか評価できない。

今回は4枚採用したが、ここの枚数は個人の好みで変わると思う。

 

堕落の砲娘 メツミ 2枚

APEXメタでは欠かせない1枚。出現時5枚落としだけで十分な仕事をしている。

今回の構築だとコフィンを採用しているため、序盤での出現でも出す意味がある場合がある。基本は手札に維持して、応報後にリフ入れるために使う。バニッシュ耐性効果にはあまり期待をしていないが覚えておかないと後悔する。できるだけラストに1回投げるのを意識して行いたいため2枚。

 

幻獣 ベイア 2枚

 4乗ったターンにエナを伸ばすのがメインの仕事。セイリュソウリュウが並ばない場合はパワーパンプとしても使います。4乗ったターンに1度使えればいいので2枚。

 

幻獣 コサキ 3枚

オサキをフルパワーで使うためいにいるシグニ。出現時常時共に強い。4枚採用も考えているが、その他カードの採用を考え3枚。その他の採用不採用で4枚目の枠ができるかもしれない。

 

幻獣 ホーク 2枚

こいつはゲームエンドにするために使うんじゃない、防御札要求するために使うんだ。

基本的な仕事は、中盤での防御札を要求することです。ホーク効果で終わった試合が殆どないため基本的に使わないと思ってます。でも立てないと弱いんだ。2面立てたいこともあるため2枚の採用。

 

暴風警報・因果応報

流石に確定枠。低コスト防御札とメインギミックを入れないのは無かった。

 

フォーカラー・マイアズマ

リフプラン、防御札、回収札の3種の役割を持つ万能アーツ。対面やハンド状況によって使い方が変わってくるので使い分け大切。

 

スピリット・サルベージ

アーツ4枚の内どれかに変えることができるとても強いアーツ。序盤に吐いてしまったフォーカラーやコフィンの使い回し、応報二回目など様々なプランに切り替えられるためやっぱ強い。

 

ブラック・コフィン

 今回のメインカード。APEXメタのみでいいならカース・オブ・スペルでもいいが、それだけだと確実に腐っているアーツ1枚抱えながらの対戦は不利すぎるためコフィンを採用。

サルベージ効果も普通に強いと思っているため使い道はある。エナに落ちたメツミをコストにできる点も評価。

 

 

4.基本的な立ち回り

そこまで細かく書くようなデッキでもないのと、やっぱり面倒なのもあるため現環境で主流なデッキのみ記載。


vs APEX

基本的には先手だとほぼ有利、後手で五分以上ぐらいと考えている。コフィン、コスト軽減応報、リフプランが有る分確実な優位を持っているはず。

4乗るまでは通せる点は確実に通して、4乗りエクシードからの次ターンゲームエンドを目標に動きます。

 

vs 植物緑姫

先手で五分以上、後手で五分前後と考えている。APEXのときと変わらす確実に優位な部分を使って勝負を仕掛ければいけるはず。

コフィンを当てる先として状況によって変わるが、先手ならスリーアウト>修復>その他、後手の場合は修復>スリーアウト=その他だと考えている。後手は本当に状況によりけりだが、対戦時の回数からの答えが上記となった。

ハンデスはスペルだけでなくシグニでも可能なためハンデス回避は難しい。

序盤が脆い部分もあるためそこをうまく利用していきたい。

 

vs 爾改

基本的に不利対面。ダメージソースが集結する守護に頼ってるタイプの構築なら、最初の集結に合わせて暴風警報からのコフィンで集結対象でワンチャン。

基本的には先後関係なく不利対面だと思う。対面回数が少ないためあまり書けない。

 

vs ミラー

基本的にはトップ勝負。托生が不採用なためリソース面では優位取られているため厳しい。

キジでエナ構えて先に応報打ち込んで勝つしか無い。

 

vs ウリス

エニグマにコフィンが撃てる+ソウリュウでマイナス修正ができない部分で有利が取れているはず。

チーム戦ではウリスもよく見るため、コフィンがあればいい感じにイージーウィンできる可能性があるため先後共に有利と考えている。

 

vs 雪月花代

ガン不利。事故祈って頑張ってくれ。

 

 

5.最後に

最初の頃はふざけ半分なところもあったが、チーム戦では今回有利取れると考えている相手が対面に多い環境だと今は思っているため戦えると判断して2度持ち込んで個人7-2-1の結果でした。

基本的な軸が1年ほど前から本当に変わらないため、大体の人が回しやすいのではないかなと思ってます。

確実にAPEXに勝てる!ってわけではないですが、まったく勝てなくて困ってる人はこれで少しでも勝てる可能性を見いだしてくれたらなとか思ってたりもしています。

本当は不採用カードの事も書きたかったのですが、後日思い出したら追記しようかなと思います。

 

次回は17弾の構築でも出せたらいいなと思います。